アラサー社会人が8年ぶりにTOEIC受けてみた話

先日受けてきました。TOEIC。

受験は実に8年ぶり。

最後に受けたのは大学4年生の1月。

その頃は現役だったこともあり、700点近く取れていたんですが、それ以降まるっきり勉強していなかったため久しぶりに受けたというわけです。

そんな学生時代以来のTOEIC受験を終えて気になったことを書き記します!

久しぶりに英語勉強し直そうかなあ・・・と思っている人は見てみてね♪(笑)

なぜTOEIC受験したのか?


そもそもこれですよね。

社会人たるもの、平日日中は仕事をしているわけでありますし、仕事が終わっても、やれ飲み会だ遊びのお誘いだ、休みの日には出かけたり家族や恋人との時間だってあります。

そう、我々社会人は暇じゃないんです。

それなのに、なぜ受ける気になったのか。

理由①:自分の強みを伸ばすため

ん〜改めて考えてみるといくつか理由ってあるんですけど、一番大きいには自分の強みを伸ばすためですね。

ぼくは中学生の頃の得意科目といえば英語でした。

小学生の卒業祝いにもらった英和辞書を四六時中読んでいたという変態っぷりからもわかるように、もうかなりのもんですよ、ハイ(笑)

当時は「いつか英語を使う職業に就いてやる!」という野望を胸に秘めていたのを覚えています。

しかしながら、、、就職したのは地元から大して遠くない普通の会社。当然日本語で会話をするし、周りの人は簡単な英語ですら「何それわからないw」とか言い出す始末。仕事で英語を使う機会はゼロ。大学生の時に取得したTOEICスコアは何の役にも立ちません。これでは、当然ぼくの英語欲は満たされません。

会社から言われた仕事をただやるだけの人間なんて、いずれ使い物にならなくなるわけですから、それが分かっているのであれば自分の得意なことを徹底的に究めた方がいいのです。これはぼくのずっと変わらない考え方。

んで、今の会社が嫌になったりヤバイ状況になったりしたら、とっとと乗り換えればいいんです。ある種保険ですね。

「いやいや、オレだって仕事のことはいろいろ考えているんだよ」とか言う人もいるかもしれません。それは確かにその通りなんでしょうけど、所詮労働者なんて「使用者の指揮命令を受けて労務に従事する者」に過ぎないんです。いち労働者が色々考えたところで、「与えられたものという範疇の中で考えている」だけに過ぎないのです。

言ってみれば資格試験で「不合格者の中だったらそこそこいい点数取れている」みたいな感じです。それって意味ないですよね。

話を戻しましょう。

ぼくの場合は、そういう「得意なこと」のひとつが英語だったんです。

とはいえ、今まではずっと中央大学で法律の勉強をしていたので、いくら英語得意だったとはいえさすがに忘れてんだろ自分。じゃあちょっくら思い出しながら勉強するか。って感じですね。

理由②:いずれ仕事に生かすため

他の理由としては…いずれTOEIC730点とか860点とか、英検準1級とか1級とか取得して仕事に生かしたいと考えているので、そのきっかけにするためです。

理由③:趣味? + 交友関係も増えるかな…?

あとは、単純に英語を学ぶのが趣味になっている。最近はそうなんじゃないかと思うようになってきました(笑)

今調べているところなんですけど、こんな関東の片田舎でも、探してみると「英会話カフェ」とか「英会話勉強会」みたいなものがいくつかあるんですね。

そういうところに行って、同じように英語を学ぼうとしている人と話をすれば、英会話の実践的な練習にもなるし、いろんな交友関係も増えるだろうし一石二鳥なんじゃ…と思っています。

具体的な対策は?


まあこれが全然できていないんですよ。悲しいことに。

まあ卒論やってたし、しょうがないよね…。(←いいわけ)

とはいえ、完全にノー勉で突撃するのは時間とお金のムダだと思ってたので、ちったぁ勉強しましたよ。何をしたかと言うと・・・

英単語覚える

それだけ。完全に対策が不足していたのです。

単語を覚えるのは必要ですけれども、それ以外に

熟語を覚える

リスニング演習

文法問題

問題形式になれておく

などなど、もう少しやることはあったんじゃないかと思いますが、卒論やっていて本当に時間がなかったのでこれしかできませんでした。できたのは英単語少し覚えたことぐらい。

大学受験の時に使っていた ターゲット1900。

これ。覚えましたよ。

TOEICに出てくる単語も少しはカバーしているので、少なくとも「とりあえず何かやんなきゃ!」という感じの勉強としてはオススメです。(持ってない人がわざわざこれを買ってTOEIC対策をやる必要があるかと言われると疑問です)

受けてみての感想は?


率直に言って…難しかったです。

8年の時の経過は思っていた以上に大きい。それを思い知ることができました。

リスニングは何言ってるか全然わからないし、少しぼーっとしているとすぐ読み終わってしますし。いやはや…現役の時の自信はどこかに行ってしまったようです。

リーディングだって時間が全然足らなくて、最後の方25問くらいは完全に塗り絵です(笑)

現役の時は時間内に解き終わったんだよ…?おかしくない?おかしいよね!!?

まあ全然全く歯が立たなかったのかと言われるとそうではないですが、どちらにしろ難しく感じたのは間違いありません。

リスニング・リーディング共に感覚が鈍っていたのが自分で分かったくらいですからね。

こりゃヒドイ。。

今後はどうするのか?


今後は当然ですが、英語の勉強は継続的に続けていくつもりです。

TOEICはもちろん、英検も受けたいと思ってます。

直近の英検で目指すのは英検準1級

英検2級は取れるだろうという、なんとも傲慢な思い込み。

でも、英検準2級とったのが中3の2学期ですよ。

そこから3年間プラス大学でも4年間英語は勉強してきたわけですから、さすがにノー勉でとは言わないけれども、さほど力を入れなくても取れるでしょ、と思ってます。

英検準1級を受けて、どーにもこーにも難しかったらひとつレベルを下げて2級を受けると言うことはあるかもしれませんが。とりあえず準1級目指して頑張ります。

他にもやりたいことがあるので、そちらと並行してやっていこうと思います。

今後報告しますので、乞うご期待!!

まずは今月のTOEIC結果がわかったらおしらせします!

それでは、また!!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする