中大通教 卒業までのあゆみ

まだ卒業してないけどw

というわけで、入学から現在に至るまでの道のりをざっと書いときます。

本当は、入学してから今までリアルタイムで記事を残しておければよかったんだけど。

あの頃はまだブログとか今ほど本格的にはやってなかったからなあ。

2012年度


ぼくが中大通教に入学したのは2012年3月のことでした。

仕事もある程度落ち着き、「やっぱりやりたいことやろう!」と思ったのがそもそものきっかけでしたね。

その年に人事異動があり、ぼくは「使えない営業」から「元・使えない営業」になったのです(営業ができるようになった訳ではありません。異動によって営業じゃなくなっただけです)。

それによって、それまで平日休みだったのが土日休みになりました。

スクーリングが土日だというのは前々から調べて知っていたので、「きたー!」と思い、雀の涙ほどの冬のボーナスを全て入学金などに充てました。

あの頃は全然仕事もできず、覚えるのに必死でした。それでももらうことができたなけなしのボーナスを全て注ぎ込んだのです。

・・・変なギャンブルするよりはマシだよね。

で、手続きして書類が届く。…と、

「教科書が多すぎて何から手をつけていいのかわからない!!」

という、よく聞く状態に陥るわけです(笑)

それでもそれまでは行政書士試験の勉強をしていたので(※合格はしていない)、民法とか憲法だったらある程度知っているつもりでした。

「よし、じゃあ憲法とか民法の総則から片付けていこう!」

とあたりをつけ、この辺のレポートから取り組むことにしました。

初めて科目試験を受けたのがその年の11月。受けたのは憲法。

スクーリングは利用せず、“レポート4通→科目試験”という茨の道を自ら選んだわけですが、見事に撃沈。。

いやあ…スクーリングはできる限り参加した方がいいです。マジで。

ぼくは「金がないからレポート4通書いて頑張るしかない!」って思ってましたけど、そんなものぁ何とでもなりますから、ホントに。

マジで金がない人は頑張るしかありませんが、少しの余裕がある人だったら間違いなくスクーリング参加した方がいいです!!そうじゃないと時間を無駄にしますので。

と、そんな感じで。ちなみに憲法の単位は翌年1月の試験で見事修得しましたとさ。

試験の結果はB。最初に受けた試験にしては上出来だったかなと今でも思います。

しかしながら憲法は試験範囲が広い!科目試験で受かるのは難しいので、ぜひともスクーリング(短期・オンデマンド)での単位修得をオススメします!

入学初年度の修得単位は8単位。科目は憲法と刑法総論でした。

2013年度


どんな感じかもわからず、ただ「こんな感じでいいのかな・・・」と戸惑いながら学習を進める日々。

先輩方との情報交換が何よりも大事だと今になって思います。ホントに。

仕事も比較的落ち着いていたので、このころはじっくり取り組めましたね。

行政書士試験の勉強をしていた頃に身につけた知識を活かして、民法や行政法あたりをやっつけよう!ということで取り組んでいきました。1ヶ月にレポート5通書いたのは今までの最高記録です。

短スク・夏期スクはできるだけ利用するべきです!多少お金はかかりますが、そのぶん早く単位修得→早く卒業することができます。

ぼくは「別に早く卒業することが目標じゃないし」とか勝手に理由くっつけてマイペースに取り組んでいましたが、今になって死ぬほど後悔しています。

まさに “後悔先に立たず” です。お金を失うのを恐れるあまり、それよりも大切な時間を失っていることに全く気づいていなかったのです。

人生において大事なものはお金ではありません。時間です。

この記事を読んでくれる通教生がどれくらいいるか分かりませんが、たまたまみているあなたはぜひともこの言葉を覚えておいてください!ろくでもない先輩からのお願いです。

というわけで、2013年度は民法3・民法1・民法2・行政法の計16単位修得。

2014年度


2014年度は仕事がとっても忙しくなってしまって(言い訳)、全然レポート課題に取り組むことができませんでした。

5月の科目試験で会社法の単位は修得できましたが、8月以降めちゃくちゃ忙しくなってしまって、毎日夜22時まで仕事をする始末。帰って寝るだけの生活になってしまい、当然ですがとてもレポートどころじゃない。

(今数えてみたら2014年度中に9通ほどレポート出していました。それでも1年で9通ですから、大したことはないですね。)

2014年度は、商法(会社法)の計4単位修得。

2015年度


年度始めにふと残り単位を見返してみて・・・

「あれ!?まだ単位これだけ!?このままじゃ卒業まで何年かかるかわからねーじゃん!!

と、ようやく危機感を抱くに至る。どーしようもないダメっぷり。

というわけで、ここからは「最低試験1回につき1科目は単位を取ろう!」と強く決意。(奨学金の返済もあるし、いつまでも中大にいるわけにはいかないんだということを認識しました)

このころからオンデマンドスクーリングを最大限に利用し始める(遅い)。

レポート4通が2通になるのはマジで楽です。逆に言うと、レポート4通はマジできつい。ドMでもない限りはオススメしません。本当に。

しかもオンデマンドは試験範囲が相当限られますから、対策がヒジョーに立てやすい。

レポート4通書いて科目試験に臨んでも、範囲がめちゃくちゃ広いですから、対策を立てる時点で一苦労。ましてA合格、B合格なんて・・・そこまで手が回りません。

何回も言いますが、短スク・夏期スク・オンデマンドを最大限に利用して、最短での卒業を強く強くオススメします!

というわけで、2015年度は、民法4・刑法各論・商法(総則)・民事訴訟法の計14単位修得。

2016年度


昨年度の残り単位数の衝撃から1年。

「よし、残り単位がもう少しだ!ここで頑張れば再来年卒業できる!」と、かすかな希望が見え始める。

やっぱり、人間「100パーできないこと」ってのはやる気になりません。

(来年司法試験受かる!とか、今から医学部入ります!とか。)

でも、「ちょっと頑張ればできるかな?」ということだと、不思議とやる気が出るんですよね。知ってました?

だから、「自分でも結構頑張ればこのぐらいはできる!」という目標を設定して、それに向かって頑張るといいと思います。

レポートも1ヶ月で30通出す!ってのはさすがにムリですよね。

でも、1ヶ月に5通ぐらいだったらできる!って人は意外と多いんじゃないかと思います。

そういう目標を設定して、とっとと卒業しましょう!

話を戻します。

ここからオンデマンドに加え、夏期スクを利用し始める。それに加えて科目試験は毎回2科目以上受験。こんぐらい全然いけます。もっと早くやればよかった。ホントに。

そんなこんなで、2016年度は今までで一番頑張りました。

刑事訴訟法・商法(商行為)・民法5・民事執行保全・国際私法・個別的労働法・商法(手形)・倒産処理法の計30単位修得。

2017年度


無事に卒業に必要な単位を修得し終わりまして、現在卒論作成中。

その卒論も、3回のレポート添削を終了し、現在卒論作成の佳境に入っております。

11月24日の卒論提出まで、全身全霊を賭して取り組みます!

まとめ


とまあ、こんな感じで僕の中大通教生活は幕を閉じることになりそうです。

見事(?)中大通教を卒業することができたら、いよいよ司法試験予備試験の勉強に取り組みます。まあ、正直そのほかの身の振り方(仕事を辞めるか、そのあとどんな仕事に就くか)は現在考えている最中なんですけれども。

100%確定していることは、

 現在の仕事を辞める

 司法試験予備試験の受験勉強を開始する

ということ。

これからも卒論・予備試験合格に向けて頑張ってまいります。

それでは、また!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする